当事務所は、鳩谷邦丸が昭和48年に設立した「鳩谷法律事務所」を前身として、平成元年4月、鳩谷邦丸と別城信太郎によって、事務所名を「鳩谷・別城法律事務所」として設立されました。その後、当事務所は、平成18年1月、大畑道広のパートナー就任(同月)に伴い事務所名を「鳩谷・別城・大畑法律事務所」に変更し、平成23年4月、大畑道広の裁判官任官(同月)・山浦美卯のパートナーとしての参加(同年2月)に伴い事務所名を「鳩谷・別城・山浦法律事務所」に変更し、現在に至っております。
 また、平成26年1月には、パートナーとして山浦美紀も参加しております。
 現在、当事務所は、弁護士6名(客員弁護士1名を含む)、事務局6名の体制で、人事・労務問題、会社法・金融商品取引法関連分野、金融法関連分野、知的財産権法関連分野をはじめとする企業法務、宗教法人法関連分野、倒産、一般民事等の幅広い業務を取り扱っております。
 弁護士及び事務職員一同、常に研鑽を重ね、それぞれの能力を生かして、依頼者の皆様のご要望にお応えしてまいるよう心がけているところです。
労働事件(使用者側) 会社法・金融商品取引法等関連分野 金融法務関連分野 知的財産権法関連分野 宗教法人法関連分野 その他企業法務・民事事件全般