弁護士 山浦美紀
■経歴
昭和53年生まれ
平成12年 3月大阪大学法学部卒業
平成14年 3月大阪大学大学院法学研究科修士課程修了(法学修士)
平成15年10月司法修習終了(第56期)、
弁護士登録とともに北浜法律事務所入所
平成24年 1月北浜法律事務所・外国法共同事業のパートナーに就任
平成25年12月北浜法律事務所・外国法共同事業退所
平成26年 1月鳩谷・別城・山浦法律事務所にパートナーとして参加

■取扱分野
・労働事件(使用者側)、労働法務に関する講演、その他企業法務
・倒産(企業再生、特別清算、清算、破産管財)
・家事事件(離婚、相続、成年後見)
■公職等
・大阪大学大学院高等司法研究科非常勤講師(平成26年4月〜)
・大阪女学院大学短期大学非常勤講師(平成21年4月〜平成24年3月)
・大阪大学法学部非常勤講師(平成21年4月〜)
・大阪地方裁判所民事調停官(平成24年10月〜平成28年9月)
・大阪労働局大阪西公共職業安定所巡回相談員(平成28年1月〜平成30年3月)
・大阪労働局梅田公共職業安定所巡回相談員(平成30年4月〜)
■会員・研究会活動
・経営法曹会議
・全国倒産処理弁護士ネットワーク
■主な執筆・論文等
・「女性社員の労務相談ハンドブック」(共著) 新日本法規 平成29年11月
・「Q&A有期契約労働者の無期転換ルール」(共著) 新日本法規 平成29年11月
・「女性弁護士が考える女性にまつわる労務問題Q&A」 労働新聞社 平成28年7月から連載
・「人事労務規程のポイント−モデル条項とトラブル事例−」(共著) 新日本法規 平成28年1月
・「相続と事業承継 遺言の活用法」 大阪商工会議所機関紙「大商ニュース」 平成24年9月号
■主な講演等
・「女性社員の労務トラブルへの実務対応」
  (平成30年8月28日 日本経営協会主催)
・「有期契約労働者の無期転換ルールの対応はできていますか?〜平成30年4月に本格化!専門家による実務アドバイス〜」
  (平成30年6月1日、同年6月21日 新日本法規出版主催)
・「ハラスメントの新傾向と実務対応」
  (平成30年5月16日 日本経営協会主催)
・「企業のための女性が活躍できる職場作りのポイント」
  (平成30年3月6日 新日本法規出版主催)
・「従業員のコンプライアンス確保のために〜問題社員対応を中心に〜」
  (平成30年2月27日 大阪府中小企業団体中央会主催)
・「ハラスメントの新傾向と実務対応」
  (平成29年8月25日 日本経営協会主催)
・「ハラスメントの新傾向と実務対応」
  (平成29年5月23日 徳島経営者協会主催)
・「労働者派遣法の改正と派遣先の実務対応」
  (平成28年10月6日 徳島経営者協会主催)
・「人事担当者のためのハラスメント防止策〜女性活躍推進法・育児介護休業法の改正を踏まえて〜」
  (平成28年9月8日 日本経営協会主催)
・「ハラスメント事案の実情」
  (平成28年6月21日 立命館大学薬学部研修)
・「労働事件の紛争処理方法」
  (平成27年7月31日 徳島経営者協会主催)
・「人事労務担当者のためのハラスメント防止策について」
  (平成27年7月23日 JC総研)
・「問題社員対応について」
  (平成27年5月22日 徳島経営者協会主催)
・「セクハラ・パワハラ」
  (平成26年10月22日 徳島経営者協会主催)
・「弁護士から見た調停と裁判外紛争処理手続の活用」
  (平成26年9月18日 法務省法務総合研究所主催 法整備支援研修)
・「破産手続概要〜債権の種類、配当手続、破産における簡易な手続〜」
  (平成25年10月4日 法務省法務総合研究所主催 法整備支援研修)
・「遺言・相続についての基礎知識」
  (平成25年3月8日 大阪弁護士会主催)
・「管理職になったら覚えたいハラスメントの基礎知識と防止策(パワーハラスメント)」
  (平成24年5月8日、平成25年6月6日、平成26年1月17日 SMBCコンサルティング主催)
・「大阪労働局幹部職員研修」
  (平成22年11月5日 大阪労働局)
・「総点検!株券電子化に伴う株式担保の実務」
  (平成20年10月9日 みずほ総合研究所(株)主催)
・「株券電子化に伴う担保株券の取扱いについて」
  (平成20年7月25日 経営法友会主催)
 その他、企業・官公庁・学校法人を対象とするセミナー(とくにセクハラ・パワハラセミナー)多数